消費者金融の利用の仕方

消費者金融でのキャッシング利用の仕方には、いろいろな方法がありますが、個人が利用する借入であるため、誰にも気づかれずに利用できるよう、しっかりと配慮されているので安心です。

 

借りる方法はごく簡単

フリーキャッシングは、最初の申し込み時に設定された上限金額までであれば、何度でも利用することができます。
申し込みはその金融機関の店舗や、自動受付機などでもできますが、ウェブサイト上でも申し込みができます。
ウェブ申込でも即日審査・即日融資が可能な業者が多く、店舗へ出向くよりもこちらのほうが簡単です。他人にプライバシーを知られる心配もありません。
申し込みには、本人確認のために運転免許証や保険証、パスポートなどの書類は必ず必要になるので、あらかじめ用意しておきましょう。

 

利用限度額までなら何度でも利用可能

ウェブ上で利用申込をすると、審査結果によって利用上限額が決められます。
キャッシング利用をするには、その限度内で必要な金額を入力します。すると、早ければその日の午後、遅くとも翌営業日には登録しておいた自分の銀行口座にその金額が振り込まれているので、自由に利用することができます。
店舗や自動契約機、コンビニや銀行などでの提携ATMでは、申し込み後に発行されたカードを使って融資金を引き出すことができます。

 

限度額以内であれば何度でも利用可能で、返済の途中でも再度の借入をすることができます。
たとえば上限額50万円のうち、5万円を借り、その5万円の返済途中で再度5万円の借入が必要になった場合、5万円+5万円で合計10万円ですから、限度額にはまだ40万円の余裕がありますね。
このような場合は、問題なく再度の借入ができます。

 

返済の期日は厳守しよう

返済は毎月の指定日に設定した返済額を銀行口座から引き落とされるのが一般的です。
業者によって異なる場合もありますが、返済金額を予定額よりも上乗せしたり、余裕のあるときに返済日に関わりなく、好きな金額を提携ATMや振込で返済することも可能です。
このように返済額を上乗せすると、融資の元金が早く減り、総返済額から金利を減らすことができます。
しかし指定日の返済金額は固定されていることがほとんどですので、別の日に上乗せ返済をした場合でも予定通りに引き落としされるよう、預金残高には注意が必要です。

  • 2012/11/27 14:17:27