金利は最も重要な要素

消費者金融サービスを利用するときに気になるのが金利です。
金利とは、利息、年率と同じ意味で、借り入れた元金に一定の率で加算され、借り入れ金を返済するときにはその利息分を上乗せして支払わなければなりません。
要するに借り入れ金額にかかる手数料です。

 

利息制限法による上限利息率

2010年の法律改正で金利のグレーゾーンが撤廃されました。
消費者金融サービスの利息も、利息制限法の上限を守らなければその業者に罰則が与えられます。
借り入れる金額によって15〜20%と幅がありますが、どの金融業者もこの利息率の範囲内でサービス提供を行っています。

 

利息制限法での上限利息

元本が10万円未満・・・・・・・・年20%
元本が10万円以上100万円未満・・年18%
元本が100万円以上 ・・・・・・・年15%

 

この上限利息を越えて現金を貸し出す業者は違法業者です。契約自体も違法ですが、返済金の取り立ても非常識なものになることが十分考えられます。こうした悪徳業者には十分に注意してください。

 

金利に幅がある理由

適法な消費者金融サービスの場合、自社ウェブサイトや内容説明の書類にはっきりと金利が表示されています。
実際にいくつかのサービス説明に目を通すとよくわかるのですが、ほとんどの場合、“9.0〜18.0%”等と幅を持たせた金利設定になっています。
これは、利息制限法の上限利息と元本の関係に対応して、利用額(元本)が10万円未満であれば18%、100万円以上であれば9.0%などと利息をステージ制にしているためです。

 

たとえば必要額が10万円以下の場合、“9.0〜18.0%”の利率のうち、高いほうの18.0%が適用されます。
少額利用をしたい場合には、利息は高いほうの数字で比較すると、利息で損をしないですみます。

 

低金利・高限度額商品が増えている

近年、銀行系の業者のサービスで、金利が低く、また最大限度額が500万円〜800万円と非常に高額になる消費者金融サービスが増えてきています。
これは複数のキャッシング、ローンを1本に借り換えできる「おまとめローン」としても使えるように、一般的なキャッシングよりも低金利で、高額での利用ができる内容になっています。

  • 2012/11/27 14:17:27