審査を有利にするために

消費者金融では保証人や担保がなくても現金の貸し付けをしてくれるのですが、貸し付けには審査に通ることが必要です。
不利な条件をできるだけなくして審査を通りやすくしておくと、金利の低い業者を利用できる可能性も高くなります。

 

金融事故は厳禁

金利などの条件が良い業者は審査基準が厳しいところが多いのですが、特にチェックされるのが他社からの借り入れ額です。
審査情報を管理している個人情報調査機関に情報照会をすると、他社の借り入れ状況や、返済遅滞などのトラブルがあったかどうかなど、審査に必要な状況がすぐにわかるようになっています。
過去に返済遅滞を繰り返していたり、債務整理の経験があると、それも重要な情報として業者側に提供され、それだけ条件が厳しくなります。

 

金融事故は金融業者だけでなく、一般的な信用も失墜させます。
ローンやキャッシングだけでなく、クレジットカードのショッピング利用などでも、できるだけ返済を滞らせないことが、後あとの審査評価もアップさせることになります。

 

複数の借り入れは審査で不利に

申し込みの時点で他の消費者金融業者から借り入れがある場合、その金額や件数も信用情報として個人情報調査機関から業者に提供されます。
たとえ金額が少なくても、既に3社以上の業者からキャッシングやカードローンなどの借り入れがある場合は、審査に通らない可能性が高くなります。
複数借り入れは多重債務で支払い困難になる可能性が高いため、金融業者側に高リスクの顧客と判断され、審査条件の厳しい業者では利用を断られてしまうのです。

 

他社借り入れはおまとめローンで1本化する

キャッシング利用では、短期間のうちに複数の業者に申込をしている時点で審査に通らないということもよくあります。
複数借り入れの可能性が高くなると考えられ、審査の評価が下がってしまうのです。
金融業者の申し込み審査をいつ受けたかという情報も、個人情報調査機関を経由して業界内で共有されます。

 

最近では、複数のローンをまとめて借り換えることで、フリーローンなどよりも低い金利で返済を1本化できる「おまとめローン」を用意している業者も増えてきています。
総額が同じでも借り入れ先が少ないほうが審査では有利になるため、借り入れはできるだけ1〜2社に集中させておくことをおすすめします。

  • 2012/11/27 14:17:27